先輩インタビュー|鈴木涼子|まつげエクステのプロケアアイラッシュ

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • エントリー

人を
知る
先輩インタビュー

INTERVIEW

vol.1

夢は、育てたアイリストたちと一緒に働けるサロンをつくること。

私はプロを育てます。どこに行っても通用するプロのアイデザイナーを。

Suzuki Ryoko鈴木 涼子

鈴木 涼子

プロフィール

勤務先
:
本社
入社日
:
2009年6月
前職
:
美容専門学校教師
座右の銘
:
一生勉強、一生青春、一期一会
出身地
:
茨城県
出身校
:
日本美容専門学校

ワーキングスタイル

  • 9:30 掃除・準備
  • 9:45 朝礼
  • 10:00 営業開始(個々のレベルに合わせて指導) 
  • 状況に応じて昼食
  • 18:40 掃除・〆作業
  • 18:50 カウンセリング練習
  • 19:00 営業終了
  • 19:15 終礼
  • 19:45 帰宅

アイラッシュと出会ったときは衝撃でした

アイラッシュと出会ったときは衝撃でした

美容学校の教師をしていた時にアイラッシュと出会いました。友人に教えてもらったとき、「なにそれ」と声を上げておどろきました。
その友人の顔が一変し、輝いていました。それをみて「きっと近い将来、アイラッシュの波がやってくる」そう思って学内で研究をはじめました。研究すればするほど、その魅力にひきこまれていきました。

将来の夢に向かって今日もプロのアイデザイナーを育てます

将来の夢に向かって今日もプロのアイデザイナーを育てます

転職をしたのは24歳になるころでした。デビューして活躍し始めると「海外に行ってみないか」と声がかかりました。
海外に住むという経験はなかなか出来ない。そう思いチャレンジしました。上海に9ヵ月・香港で2ヵ月。アジアの人々のまつ毛を、顔の印象を変え続けました。
お客さまはたくさんお越し頂き、美を追求する心に国境はないのだと感じました。

帰国したあとは本社のスクール講師という仕事を行っています。
「プロを育てる。どこに行っても通用するプロのアイデザイナーを」という信念を持って仕事をしています。
生徒の中にはなかなか前に進めない人もいます。そんなときは「大丈夫。私もそうだったから」と励ましたりしています。
将来の夢は「自分のサロンをもって、そこで私が育てた人たちと一緒に働きたい」。だって私が感じる最高に感じる瞬間はデビューした生徒たちが、お客さまに喜んで頂いている瞬間に立ち会うことだから。

休日の過ごし方

スポーツジムで汗を流したり、昼間からお酒を飲んではしゃいでいる事もあります。

休日の過ごし方
  • 鈴木 涼子
  • 小泉 郁美
お問い合わせ・エントリーお問い合わせ・エントリー
お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:平日10:00~19:00